エクスペリアの新モデル

ソニー・モバイルコミュニケーションズの新型Androidスマートフォン「Xperia XZ Premium」は、驚くべきカメラ機能を備えている。「スーパースローモーション」と呼ぶそれは、最大960fps、1秒に1,000枚弱の画像を記録できる。これは世界初という。

新開発した「Predictive Capture(先読み撮影)」機能により、カメラを向けたヒトやモノの動きを検出すると、シャッターを押す直前から自動で画像の記録を始め、決定的な瞬間をとらえる。

有効約1,900万画素、新開発のメモリー積層型CMOS撮像素子「Exmor RSR(エクスモア アールエス)for mobile」を採用して実現したという。

エクスペリアのカメラ部分

またほかにも世界で初めて4KHDR(ハイダイナミックレンジ)ディスプレイを搭載。約5.5型の大画面で、明るさと色域の表現が豊かで、映った風景をのぞきこむと、まるで肉眼で見ているかのように、奥行きを感じられるという。

エクスペリアのディスプレイ

Amazon.co.jpの映画・ドラマ見放題アプリケーション「Amazon プライム・ビデオ」と連携しており、4K HDR対応の動画などを視聴できる。

CPUはオクタコア・64bitのQualcomm Snapdragon 835。下り最大1Gbpsの高速通信に対応する。4K解像度の動画が数秒でダウンロードできるという。インターフェイスは USB3.1 Gen1に準拠し、従来のUSB 2.0に比べ最大10倍となる5Gbpsでのデータ転送が可能。

素材と質感にこだわり、丸みを帯びた筐体とし、手のひらになじむようにした。本体カラーは表面は鏡面仕上げによって水面のような輝きを出したルミナスクロムと、深海の青みを思わせるディープシーブラックの2種類。