G-SHOCKの新モデル

カシオ計算機の耐衝撃型腕時計「G-SHOCK」に全世界で正確な時刻を表示できる新モデル「GPW-2000」が登場した。5月19日に発売予定だ。

新機構「Connectedエンジン 3-way」を搭載しており、正しい時刻を取得するための3つの仕掛けを備えている。

G-SHOCKの内部構造

まず1つ目は「標準電波」。世界の幾つかの国では住民に正しい時刻を告げるために、巨大な塔を持つ送信所などから電波を発しており、日本では福島県と佐賀県に設備があるのは周知の通り。GPW-2000はこれを受信する。

次に「GPS」。天高くをめぐる人工衛星からの電波を受信して現在位置を割り出す技術は今やiPhoneなどが当たり前のように採用しており、なじみ深いものになったが、GPW-2000はこれで地域ごとの時差を調整できる。

最後に「タイムサーバー」。GPW-2000はBluetoothでスマートフォンと連携し、インターネット経由でサマータイムやタイムゾーンの情報を自動更新することが可能。

腕時計としての外観を見ると、航空機の計器をかたどった精悍なデザイン。以前から出ている「GRAVITYMASTER」ブランドの系譜。文字盤は時刻だけでなく現在の緯度、経度なども表示する。さらに時計についているボタンを押すと、時刻と現在位置をスマートフォンに送って記録し、地図から確認できるフライトログ機能も備えた。

頑丈さを確保するため、振動の影響によってゆるみがちなビスの利用を避けたビスレス方式。衝撃、遠心重力、振動に耐え、引張に強い炭素繊維入りバンドを採用するほか、JIS1種に準拠した耐磁性能もある。20気圧防水。ソーラー充電も可能だ。希望小売価格は10万円(税別)。