パンダの子どもが足にしがみついているところ
「もっと我々にかまえ!かまうんだ!」(出典:iPanda)

かわいいジャイアントパンダの動画だけをずっと見ていられる専門サイト「iPanda」が話題だ。遊んでもらいたくて飼育員の作業の邪魔をし続けるパンダの子供(こども)の動画であらためて注目を浴びている。

iPandaは、いかにも現代風の名前やデザインから現地のベンチャー企業が立ち上げたかと思いきや、中国の国営インターネット動画サービスである中国網絡電視台(CNTV)が四川省にある成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地と協力して2013年から運営している。

iPandaのロゴ画像
このロゴに注目。現代風だが中国の国営CNTVによるサービスだ

国内外にパンダのかわいらさを発信するため、しっかりと予算を投じているらしく、内容の充実ぶりはたいしたもの。とにかくパンダの動画を山ほど無料で視聴でき、好きな人はいつまでも時間を費やせる。

大きなおとなのパンダから、小さな子パンダまで、それぞれ録画とライブ映像の両方が視聴できる。説明はほぼ中国語だが、一部の録画を英語版としてYouTubeに公開していて、そちらも絶大な人気を博している。

日本のテレビでも取り上げた飼育員の邪魔をし続ける子パンダの動画は、すでに50万回近い再生数を記録しており、中国が戦略的に駆使する「ソフトパワー」としてのパンダの恐るべき愛くるしさを痛感せざるを得ない。


ちなみに日本語での案内があった方がよいという人は、成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地の公式サイトから、見たいライブ配信を探すことが可能だ。