LEXUS、LS500hをジュネーブモーターショーでワールドプレミア

LEXUSは2017年ジュネーブモーターショーで、フラッグシップセダン「LS500h」を世界初披露した。2017年北米国際自動車ショーで発表されたLS500のハイブリッドモデルで、セダンとして十分な居住性を確保しながら、クーペシルエットを実現している。

LEXUS、LS500hをジュネーブモーターショーでワールドプレミア

エクステリアでは、新開発のGA-Lプラットフォームにより、低く構えたスタイリングとした。クーペシルエットを創りだすため、車体側面にウインドウガラスが片側3枚ずつ計6枚配置された6ライトキャビンデザインを採用。フロントからリヤまで抜けるシャープな基本立体から、フェンダーがダイナミックに突き出す構成としている。

LEXUS、LS500hをジュネーブモーターショーでワールドプレミア

インテリアでは、前席は、上部を水平基調のインストルメントパネル・ドアトリムで広がり感ある構成とした。下部は厚みのあるソフトなコンソール・アームレストにより、安心感を創出している。

LEXUS、LS500hをジュネーブモーターショーでワールドプレミア

LEXUS、LS500hをジュネーブモーターショーでワールドプレミア

後席は、人を包み込む連続性のある空間を目指し、ドアトリムやシートバックがシームレスにつながる構成とした。オットマン付きパワーシートを採用し、クラストップレベルのレッグスペースによる開放感と合わせ、くつろぎの空間を提供する。

LEXUS、LS500hをジュネーブモーターショーでワールドプレミア

折り紙にヒントを得て、匠の手作業でL字形の独特なプリーツ上の折り目をつけたドアトリムや、切子細工をモチーフに、強化ガラスに加工を施すことで、繊細な造形を実現したドアトリムオーナメントなどにより、日本の伝統技術を取り入れた独創的な空間を目指した。

LEXUS、LS500hをジュネーブモーターショーでワールドプレミア

ハイブリッドシステムでは、2つのモーターを使用したLEXUSのハイブリッドシステムに、有段ギアの自動変速機構を組み合わせることで、エンジンとモーター両方の出力制御が可能になった。エンジンの高回転化と合わせて、低速域ではエンジン使用領域を高回転側に拡大し、低速から力強い駆動力を生み出しパワフルな走りを実現。加えて、低速域から高速域まで、システム効率の高い動作点を選択し、EV走行領域も拡大することで、エモーショナルな走りと燃費性能に優れた快適なクルージング走行を両立した。

LEXUS、LS500hをジュネーブモーターショーでワールドプレミア