LINE RECORDのジャケット
こちらは単なるLINEのロゴ、ではなく新たに出るアナログレコードのジャケットである

LINEは、独自の音楽レーベルを立ち上げると発表した。名前は「LINE RECORDS」だ。アナログレコードも取り扱う。

すでに小説の出版にも進出を試みたLINE。本業のメッセージアプリケーションだけでなく、さまざまな分野で存在感を示そうとしているのがうかがえる。

今度のLINE RECORDSではさっそく、第1弾の楽曲として、Kan Sano氏の楽曲を発表した。プロデューサーとして数多くのアーティストのライブやレコーディングに参加するほか、ビートメイカーとして国内外のコンピレーションに多数参加している。

Kan Sano氏の肖像
Kan Sano氏

新曲「MODERN LINE(Kan Sano LINE Remix)」はLINE呼出音(木琴)をリミックスしており、LINEの音楽アプリ「LINE MUSIC」で先行配信が始まっている。

4月22日に世界各国のアナログレコードショップなどで同時開催するイベント「RECORD STORE DAY(レコードストアデイ)」限定で新譜の販売も予定している。

盤に仕様は7インチの限定カラーバイナルだそう。

「デジタルで音楽を楽しむだけでなく、ショップに出向き、レコードを手にする面白さや楽しさを共有することで、音楽との新たな出会いを楽しめる」とのこと。