ICカード用パスケース
残高がすぐ分かる

ICカードを入れると電子マネーの残高が分かるパスケース「miruca Plus (ミルカ プラス)」が販売中だ。ケースのボタンを押すとSuicaやPASMOのチャージ(入金)額があとどのくらい利用できるか一目で分かり便利だ。

千葉県のユニークという企業が手掛けており、2016年に発売しちょっとした話題になった同種の製品「miruca(ミルカ)」の後継モデル。本体にモノクロの液晶小窓を備え、真下にあるボタンを押すと残高を確認できる。さらに改札やコンビニエンスストア、自動販売機などで電子マネーを使った際、自動で液晶に残高があらわれる。

手動操作のようす
ボタンを押すと残高を表示、ほかにも改札を通った際など自動表示

対応するICカードは交通系ではSuica、PASMOはもちろんICOCA、Kitaca、TOICA、manaca、PiTaPa、はやかけん、nimoca、SUGOCA。Suica、PASMOを組み込んだキャッシュカード、クレジットカードとも組み合わせられる。

また流通系のnanaco、WAON、楽天Edyも使え、WAON、nanacoについては残高表示から約4秒後に続けてポイントも表示する。

本体の縦横は58.5×88mmという寸法。ほぼICカードと同程度の大きさだ。厚さは5.6mmの薄型で、重さも24gと軽量。携帯しやすいのがうりとなっている。なお表面にラバーコーティングを施しており、手になじむすべりにくい仕上がりという。丈夫で、ICカードを傷つきから保護する通常のパスケースとしても使える。

本体カラーはブルー、レッド、ブラックの3種類。

ミルカプラスのカラーバリエーション
ブルー、レッド、ブラックの3種類

ボタン電池「CR2016」1個で動作し、交換も可能。残高表示から10秒で電源を自動で切るため、1日に5回使った場合でも1年間は保つ。製品保証は6か月。