バッファローのモバイルバッテリー

iPhoneなどの機種を自動判別し、急速充電を行うモバイルバッテリー「BSMPB10001P2」が3月下旬に発売予定だ。バッファローが取り扱う。

容量1万50mAhで、3.4A出力、USBポートは2つとなっている。どちらを使ってもiPhone、iPad、Androidスマートフォン、タブレットを自動で判別し、最適な出力で充電を行う「AUTO POWER SELECT」機能を備える。

機種ごとに急速充電に使えるポートが決まっているモバイルバッテリーに比べ、いちいちどの穴にケーブルをつないだのか確認する手間が少ないのが特徴だ。

バッファローのモバイルバッテリー

またバッテリーの電源切り忘れによる無駄な放電をストップするオートパワーオフ機能、容量が一目でわかる4段階LED残量表示機能を搭載。過電流や過電圧などの異常を検知して動作を停止し、iPhoneなどを保護する2段階の回路と、安全装置付のバッテリーセルを採用している。

繰り返し充電回数は約500回。本体サイズは63×22.5×108mm。重さは約195gと従来品より3割軽くした。持ち運びに便利なキャリングポーチが付属する。本体カラーはホワイトとブラックの2種類。

なお同時に容量5,200mAhの「BSMPB5202P2」シリーズも発売予定。本体カラーバリエーションはブラック、ホワイト、ブルー、ピンクの4種類だ。

バッファローのモバイルバッテリー

すべてオープン価格だが、実勢予想は1万50mAhモデルが6,458円(税込、以下同じ)、5,200mAhモデルが3,218円。