壁際に置ける超短焦点プロジェクター

壁際に置いてもスクリーンに100型の大画面で4K映像を投影できる超短焦点プロジェクター「VPL-VZ1000」を日本で4月22日に発売する。

超短焦点プロジェクターの外観

リビングなどのインテリアに調和しやすい簡素なデザインで、チェストやリビングボードの上に置く、といった使い方を想定している。

壁際はもちろん、窓際に置いてもよく、普段は外の景色を眺める広い窓を、映画などを見たくなったときだけスクリーンをおろしてホームシアターの一部に変える、というのは面白いかもしれない。

プロジェクターの使用例

80~120型の映像を投影できる。スクリーンから本体背面までの距離が約16cmであれば100型、約26cmであれば120型といった具合だ。

ソニーの超短焦点ホームシアタープロジェクターとして初めて映像の白トビや黒ツブレを抑えるHDR表示に対応する。レーザー光源システム「Z-Phosphor」と高い光の利用効率を誇る4K液晶ディスプレイ装置「4K SXRD」を採用し、2,500ルーメンの高輝度・高コントラストで映像を再生する。また「データベース型超解像処理LSI(リアリティークリエーション)」を搭載し、もとがフルHDの映像を超解像処理して4K解像度へのアップコンバート変換を行う。

インターフェイスはHDMI入力4系統、USBポートが1つ。D-sub 9ピン、有線LAN(RJ-45×1、10BASE-T/100BASE-TX)など。本体サイズは925.0×218.5×493.8mm。駆動音は約24dB。

プロジェクターのインターフェイス

希望小売価格は220万円(税別)と気負っているが、すでに800万円の好事家向けホームシアター用プロジェクターを開発しているソニーだけにそこまでの驚きではない、だろうか。