ホンダ 新型「CBR250RR」発売

ホンダは新型「CBR250RR」を5月12日に発売する。新設計の水冷・4ストローク・DOHC・直列2気筒250ccエンジンを搭載した軽二輪スーパースポーツモデル。

ホンダ 新型「CBR250RR」発売
ホンダ 新型「CBR250RR」発売
(画像は「ヴィクトリーレッド」)

「CBR250RR」の開発コンセプトは、「直感、体感、新世代“RR”」。CBR“RR”シリーズ共通の思想である「トータルコントロール~操る楽しみの最大化」は維持しつつも、新コンセプトの実現に向けてパワーユニット、車体、スタイリングデザインのすべてを新設計した。

ホンダ 新型「CBR250RR」発売…
パワーユニット、車体、スタイリングデザインのすべてを新設計
(画像は「マットガンパウダーブラックメタリック」)

パワーユニットは、「気持ちよく速さを体感できる出力特性とエキゾーストサウンド」を目標に、低中回転域での力強さと高回転まで吹けあがる特性を高次元で両立。また、3室構造としたマフラーの2室と3室それぞれから排気管を設けた「デュアルテールパイプ」仕様により、低回転域は力強く、中高回転域は高揚感のあるエキゾーストサウンドとした。また、スロットルグリップの開度を電気信号を介して伝達する「スロットル・バイ・ワイヤシステム」を採用。上質で安定感のある加速フィーリングを実現した。

車体は、剛性としなやかさを両立した鋼管トラス構造フレームを新設計。耐久性、剛性バランス、振動特性、軽さなどを高次元でバランスさせた。フロントサスペンションにはバネ下重量の軽減による高い路面追従性を実現する倒立タイプを、リアサスペンションには5段階のプリロード調整が可能なプロリンクサスペンションを採用している。

スタイリングは、低く構えたフロント周りから後方に向けて高く跳ね上がる先鋭的なデザイン。また、フューエルタンク後端部からシートへ繋がる部位の幅を大きく絞ることで足つき性の良さと取り回しやすさを実現した。

灯火器類には、デュアルヘッドライトをはじめ、ウインカー、テールランプなどすべてに高輝度LEDを採用している。

カラーバリエーションは、ブラックをベースにダクト部分などに高彩度のレッドを配した「マットガンパウダーブラックメタリック」と、シルバーをベースにカウルのエッジ部や入り組んだ部分に高彩度のイエローを配した「ソードシルバーメタリック」。そして、ホンダのレーシングDNAをイメージさせる「ヴィクトリーレッド」の3タイプを設定した。

ホンダ 新型「CBR250RR」発売
シルバーをベースにイエローを配した「ソードシルバーメタリック」

メーカー希望小売価格は、CBR250RRの「マットガンパウダーブラックメタリック」「ソードシルバーメタリック」が75万6,000円で、「ヴィクトリーレッド」が77万7,600円。CBR250RR<ABS>の「マットガンパウダーブラックメタリック」「ソードシルバーメタリック」が80万6,760円で、「ヴィクトリーレッド」が82万8,360円(価格はいずれも消費税込み)。