部屋の中でもオフィスの中でもひとりぼっちになれるテント「Pause Pod」

「Pause Pod」は、オフィスや部屋の中などでひとりぼっちになれるテント。スウェーデン ヨーテボリ在住のチームEgotist Mondialが開発した。

部屋の中でもオフィスの中でもひとりぼっちになれるテント「Pause Pod」
オフィスでひとりぼっちになれるテント「Pause Pod」

「Pause Pod」の開発を思い立ったのは、同チームのAdam Mikkelsenさん。Mikkelsenさんは1年前、仕事で非常に忙しい時期を経験。心身をリフレッシュする場所が身近に欲しい、できればオフィス内に欲しいと考えて「Pause Pod」を考案したという。

一般的なテントでも使用されるポップアップ機構を採用。普段はオフィスや部屋の隅に折り畳んだ状態で置いておき、使用するときには「ポン」と開けば数秒で設置できる。

部屋の中でもオフィスの中でもひとりぼっちになれるテント「Pause Pod」
重さわずか2キロ!

生地には遮光性の高いものを採用。昼間であってもそれなりの暗さを維持できるという。また、ある程度の防音効果もあるので、オフィスでの短時間の昼寝などに適しているそうだ。

部屋の中でもオフィスの中でもひとりぼっちになれるテント「Pause Pod」
一般的な防光布の裏から懐中電灯で照らすと
この程度光が透過するが

部屋の中でもオフィスの中でもひとりぼっちになれるテント「Pause Pod」
「Pause Pod」であれば、ほとんど透過しない

昼寝などに使用する際に便利な、ロール式レッグコンパートメントが付属。足をのばして横になれる。

部屋の中でもオフィスの中でもひとりぼっちになれるテント「Pause Pod」
足の部分に高さはいらない
合理的な設計

レッグコンパートメントを使用せず、コンパクトな状態のまま、中で読書などを楽しむという使い方もできるという。

部屋の中でもオフィスの中でもひとりぼっちになれるテント「Pause Pod」
読書灯もついているそうです

その他、部屋に兄夫婦・姉夫婦などが甥っ子や姪っ子を連れて突然訪ねてきたとき、子どもが遊んでいるちょっとさわがし目の部屋でも、落ち着いて眠ることができるそうだ。「子どもと遊べば?」とも思ってしまうが、一年前のAdam Mikkelsenさんのように仕事が非常に忙しく、少しでも睡眠を取りたいと思う人もいるのかもしれない。

部屋の中でもオフィスの中でもひとりぼっちになれるテント「Pause Pod」
この状態で、眠れます?

屋外で使用するためのペグ付き。「Pause Pod」を野外で使用する意味はよくわからないが、「Pause Pod」内でなければ落ち着かなくなってしまった人には良いのかもしれない。

部屋の中でもオフィスの中でもひとりぼっちになれるテント「Pause Pod」
普通のテントをお勧めします

Egotist Mondialは現在、「Pause Pod」の市販化に向けてクラウドファンディングサイトkickstarterで出資者募集のキャンペーンを実施中。本稿執筆時点では、900スウェーデン・クローナの出資で「Pause Pod」を1つ入手可能だ。キャンペーン終了後の市販価格は1,800スウェーデン・クローナ前後になる見込み。出荷は2017年10月ごろに予定されている。

部屋の中でもオフィスの中でもひとりぼっちになれるテント「Pause Pod」
…何かの、修行??