通勤用自転車+スポーツジムのステップマシン=「Stepwing」

欧州の国々では、通勤手段をクルマから、電車などの公共交通機関+自転車/スケートボードに変更する人が増えています。環境にやさしいだけでなく、朝から自転車などに乗ることで、身体を鍛えられると主張する人も。

でも自転車は慣れてきて、乗り方がうまくなると(ずるくなると?)、カロリー消費が落ちてくるのも事実。もっとカロリーを消費したい!と思う人もいるのだとか。

「Stepwing」はそんな人たち向けのカロリーバーナー。通勤しながらカロリーを消費できる夢のトレーニングマシンです。英国ロンドン在住のPeter Dewbery氏が制作しました。

通勤用自転車+スポーツジムのステップマシン=「Stepwing」
自転車とステップマシンの機能を持つ「Stepwing」

通勤用自転車+スポーツジムのステップマシン=「Stepwing」
通勤しながらカロリーを消費できます

そのルックスは、スポーツジムにあるステップマシンにタイヤを付けたようなもの。使い方はジムのステップマシンとほぼ同じですが、踏めば踏むほど前進してオフィスに近づけます。

通勤用自転車+スポーツジムのステップマシン=「Stepwing」
スポーツジムにあるステップマシンにタイヤを付けたようなルックス

通勤用自転車+スポーツジムのステップマシン=「Stepwing」
参考画像:スポーツジムにあるステップマシン

スポーツジムと違い、移り変わる景色を眺めていられるので、退屈することがないのだそう。また、自転車でのエクササイズよりも、よりインナーマッスルを鍛えられるとDewbery氏は主張している。

通勤用自転車+スポーツジムのステップマシン=「Stepwing」

バリエーションとしては、「Galaxy 1」「Titan 1」「Titan 3」の3モデルが用意されています。このうち「Galaxy 1」は、電車などの駅からオフィスまでの「ラストマイル」移動に適した一台に仕上がっています。

通勤用自転車+スポーツジムのステップマシン=「Stepwing」
「ラストマイル」移動に適した「Galaxy 1」
1はシングルスピードを表しているのだとか

電車などに持ち込みやすいよう、折り畳み機構が装備されています。タイヤは12インチと小径で、重さはわずか11キロ。電車の車内でも邪魔にならないサイズ設定とされました。

通勤用自転車+スポーツジムのステップマシン=「Stepwing」
折り畳んで電車に持ち込めます

一方、「Titan 1」「Titan 3」はもっとシリアスに体を鍛えたい人向け。どちらのモデルも20インチタイヤを装着しており、「Galaxy 1」よりも高速に走行できるのだとか。特に、「Titan 3」にはシマノ製の3段変速機が搭載されており、坂道なども上りやすいとされています。

通勤用自転車+スポーツジムのステップマシン=「Stepwing」
「Titan 1」「Titan 3」は20インチタイヤを装着

スポーツジムにあるステップマシン
よりハードにトレーニングできる

いずれのモデルも2017年9月に発売予定。販売対象は欧州内の各国のみで、日本への配送は現時点では考えていないとのことでした。

通勤用自転車+スポーツジムのステップマシン=「Stepwing」
日本の交通事情では、難しいかも?