マスコンがゲーム機になった『電車でGO!PLUG & PLAY』

『電車でGO! PLUG & PLAY』の販売予約が7月10日から受け付けられている。マスコン型コントローラがゲーム機本体として再現されており、HDMIケーブルでテレビに接続するだけで、懐かしい「電車でGO!」を楽しめる。

マスコンがゲーム機になった『電車でGO! PLUG & PLAY』
『電車でGO! PLUG & PLAY』の販売予約受付中

「電車でGO!」は電車運転シミュレーションゲーム。1997年にアーケードゲームとして登場し、今年で稼働開始20周年となった。登場当時はテレビ朝日系列のバラエティ番組『タモリ倶楽部』でも取り上げられるなど、高い人気を誇った。

今回予約受付が開始された『電車でGO! PLUG & PLAY』は、2004年に発売されたPlayStation 2専用ソフト「電車でGO! FINAL」を高解像度化、ワイド化(アスペクト比16:9)したもの。高解像度化に合わせて多色化されているという。

登場する主な路線は、JR山手線、JR大阪環状線、JR中央線(東京~高尾間)、JR京都線・JR神戸線(京都~大阪~神戸間)。登場する主な車両は103系山手線、201系中央線快速など。

マスコンがゲーム機になった『電車でGO! PLUG & PLAY
自分の使っている駅が出てくると、妙にうれしい

発売予定日は2018年2月8日。Amazon.co.jpとエビテン(ebten)で予約を受け付けている。メーカー希望小売価格は1万5,984円(消費税込)。

また、Amazon.co.jpでは7月11日23時59分までPrime Dayセールを実施しており、セール期間中は「プライムデー限定カラー」バージョンを予約できる。

マスコンがゲーム機になった『電車でGO! PLUG & PLAY』【
『電車でGO! PLUG & PLAY』のロゴをイメージした限定カラー

子どもの頃、マスコン型コントローラーを買ってもらえず、通常のコントローラーで「電車でGO!」をプレイしていた人も多いだろう。そんな人にとって『電車でGO! PLUG & PLAY』の発売は、当時の哀しみ(?)を癒してくれるゲーム機になるかもしれない。

マスコンがゲーム機になった『電車でGO! PLUG & PLAY』
大人になったいまなら買える!
(画像はHDMIケーブル、給電用USBケーブルが付属する「スターターパック」
価格は1万7,064円)