マツダによる初代「ロードスター」のレストアサービス

マツダは、初代「ロードスター」(NA型)を対象としたレストアサービスの開始について発表した。

レストアサービスは、レストア事業とパーツ再供給の二つからなるサービス。ユーザーが永くロードスターに乗り続けるための環境作りを目的としているという。

レストア事業は、顧客の「ロードスター」をマツダが預かり、オリジナルに近い状態にクルマをリフレッシュするもの。2017年内に受付を開始し、2018年初頭よりサービスを始める予定。

パーツ再供給は、現在供給終了となっている初代「ロードスター」の一部パーツを復刻するもの。2018年初頭より販売を開始する。

パーツはオリジナル状態にこだわり、初代「ロードスター」発表当時を彷彿とさせるビニール生地のソフトトップやデザインを再現する。また、ブリヂストン製タイヤSF325(185/60R14)、NARDI製ウッドステアリング/シフトノブを現在の技術で復刻するという。

詳細についてはマツダ公式Webサイトの「初代ロードスターレストアサービス」ページを参照されたい。