ダンボールでできたテント「KARTENT」-夏フェス向けに開発されました

KARTENT」は、ダンボールでできたテント。オランダ アムステルダムに本拠を置くKartentが開発しました。

ダンボールでできたテント「KARTENT」-夏フェス向けに開発されました
ダンボールでできたテント「KARTENT」

夏の大規模な野外フェス向けに開発されたテント。複数日に渡って開催されるフェスでは、終了後に参加者は疲れ切っており、テントを小さくたたんだり、それを担いで持ち帰る体力が残っていないことがあるそう。Kartentによれば、オランダでは毎年、2万5,000張りものテントがフェス会場で投棄されているそうです。


ダンボールでできたテント「KARTENT」
参考画像:フェス後のテントエリア
投棄されたテントや寝袋が散乱している

「KARTENT」は、この問題を解決するために作られたテント。フェス終了後には古紙として回収することで、簡単に処分し、身軽に帰宅できます。

ダンボールでできたテント「KARTENT」-夏フェス向けに開発されました
夏フェスで使ったテントが、いつか、トイレットペーパーとしてかえってくるかも?

ダンボールとはいえ防水仕様。雨が降っても雨漏りの心配はなく、複数日に渡るフェスの間利用を継続できるのだとか。

ダンボールでできたテント「KARTENT」-夏フェス向けに開発されました
蒸し暑くないか?が心配

一般的なテントとは異なり、光をほとんど通さないのも「KARTENT」のメリット。フェスが開催される時期は日が昇るのが早く、テントで寝ていると意に反して早く目が覚めてしまうことも。その点、「KARTENT」であれば時間までぐっすり眠り、コンサートに向けて体力を温存できます。

ダンボールでできたテント「KARTENT」-夏フェス向けに開発されました
寝過ごさないように注意!

別売りで、ダンボール製のシートも用意されています。もちろんこの椅子も、利用後はリサイクルに。

ダンボールでできたテント「KARTENT」-夏フェス向けに開発されました
折り畳み椅子も、持ち帰るとなると、それなりに重いですよね

サイズは2.4x1.6メートルで、大人2人が横になれる仕様。価格は49.95ユーロに設定されました。

ダンボールでできたテント「KARTENT」-夏フェス向けに開発されました
ホテルよりはずっと安い価格設定です

Kartentは現在、日本での販売代理店を探しているそう。来年の夏フェスに向けて、手を挙げてくれる企業はないでしょうか?「KARTENT」の様々な利用方法や販売方法を提案できる、起業家精神にあふれた企業に販売をお願いしたいそうです。

Kartentはその他、ダンボール製のキャットハウス「CATTENT」も販売しています。こちらは夏フェス用というよりは、自宅用の製品。ネコがダンボールを好むことを活用したものです。

ダンボールでできたテント「KARTENT」-夏フェス向けに開発されました
ダンボール製のキャットハウス「CATTENT」

サイズは60x30x30センチで、価格は19.95ユーロに設定されています。

ダンボールでできたテント「KARTENT」-夏フェス向けに開発されました
ダンボール、好きだニャ