ぺんてるから、単語の暗記を支援するツール「SmaTan(スマ単)」が発売された。ノートに書いた単語を“単語カード”としてスマートフォンに保存し、暗記学習に役立てることができる。

イマドキの英語学習法!手で書いてスマホで覚える単語帳「スマ単」登場
単語帳がスマートフォンで進化する

スマ単は、専用のノートとアプリを連携させた暗記支援ツール。ノートの左側に問題を、右側に答えを書いて見開きの状態で撮影すると、一度に12枚の単語カードを作成・保存できる。各カードをタップすると裏返って答えを見ることができ、時間や場所を選ばず学習できるとしている。


12行の特殊な線が引かれた専用ノートに単語などを記入、撮影
12行の特殊な線が引かれた専用ノートに単語などを記入、撮影

片手で簡単にめくれる単語カード
片手で簡単にめくれる単語カード

同社によると、ノートやテキストをつかった従来の暗記方法では、書いてある順序や場所で単語を憶えてしまいがちだという。スマ単のアプリは、単語カードをランダムに表示したり、憶えていなかったカードだけを抜き出して表示したりできるため、効率的に暗記できるそうだ。また、憶えた単語カードの量をグラフ化する機能もついている。

専用アプリは無料で、Android 4.4以上、iOS 8.1以上を搭載したスマートフォンおよびタブレットに対応している。専用ノートの小売価格は450円(税抜)でサイズは215×115×10mm、シート数は40枚。「ネイビー」と「ローズ」の2色で展開している。