キヤノンのインスタントカメラプリンター「iNSPiC ZV-123/CV-123」

キヤノンのインスタントカメラプリンター「iNSPiC ZV-123/CV-123」が6月6日より順次店頭に登場する。カメラとプリンターが一体になっており、撮影した写真をすぐ印刷できる。

一般的なスマートフォンと同程度の手のひらサイズで携帯性に優れる。Zero Ink Technologyを採用し、紙とインクが一体となった専用の用紙に簡単に印刷可能。シールになっていて、好きなものに貼ることができ、切り貼りして手帳に写真つきの記録を残したり、メッセージカードやオリジナルグッズなどを創作したりできる。

上位機種ZV-123ではBluetooth Ver. 4.0でスマートフォンと連携し、各種のアプリケーションで加工したりコラージュしたりした写真を印刷することも可能。下位機種CV-123にこうした機能はない。

カメラの撮像素子は上位機種が800万画素、下位機種が500万画素。重さは上位機種が188g、下位機種が170gなどいくつかの違いがある。いずれも外部記録媒体としてはストレージ容量256GBまでのmicroSDXCメモリーカードなどに対応する。

本体カラーは上位機種がパールホワイト、マットブラックの2種類。下位機種はホワイトのみ。オープン価格だが直販サイトでは上位機種が通常2万3,630円(税込、以下同じ)、下位機種が1万8,230円となっている。