「G-SHOCK」に25頭のイルカ、クジラが泳ぐ「イルクジ」モデル

カシオ計算機の耐衝撃ウオッチ「G-SHOCK」とその女性向け姉妹版「BABY-G」に新製品として、25頭のイルカやクジラのイラストを描いた特別モデル「GF-8251K」「GW-6903K」「BGD-5001K」が登場した。

環境団体「アイサーチ・ジャパン」とのコラボレーション開始から25周年を記念して作り上げたもの。1994年より始まったコラボではイルカ、クジラと自然の素晴らしさを伝える活動に取り組み、以前から「イルカ・クジラモデル」や「イルクジ」といった愛称のある製品を送り出している。

今回は海をほうふつとさせるスケルトンカラーのバンドに「アイサーチ・ジャパン」のロゴと、24頭の海獣を描いている。さらにバックライトに浮かび上がる1頭を合わせると、25頭になるという趣向。

G-SHOCKはクジラ、BABY-Gはイルカの絵だ。G-SHOCKのケースには「シロナガスクジラ」に合う青、BABY-Gは「シナウスイロイルカ」をに合うピンクでカラーリングを施している。裏蓋には「Love The Sea And The Earth」のシンボルマークつき。専用パッケージには、コラボの趣旨を盛り込んだ小冊子を同梱する。

希望小売価格はまずG-SHOCKのGF-8251Kが4万8,000円(税別、以下同じ)、同GW-6903Kが2万3,500円、BABY-GのBGD-5001Kが2万1,000円。