トヨタが立ち乗り3輪BEV「C+walk T」を発売

トヨタは立ち乗り3輪BEV「C+walk T(シーウォークティー)」を、10月1日に販売開始した。また、レンタリース店でも取り扱いを開始している。

トヨタが立ち乗り3輪BEV「C+walk T」を発売
トヨタが立ち乗り3輪BEV「C+walk T」を販売開始

「C+walk T」は、ステップ高150mmと低くフラットなステップにより、乗り降りのしやすさを実現した3輪BEV。人間ひとりのスペースに限りなく近いコンパクトなサイズとし、人の「歩く」速さで移動することで周りの歩行者と「横並び」で会話ができるなど、歩行空間での高い親和性を追求している。

トヨタが立ち乗り3輪BEV「C+walk T」を発売
目線が15cmだけ高くなります

また、前方の人や障害物との衝突回避に寄与する「障害物検知機能」といった装備も搭載し、歩行者との共存を目指した。

トヨタが立ち乗り3輪BEV「C+walk T」を発売
障害物を検知するセンサー

トヨタは関連法規の改正動向を踏まえ、将来的には公道での使用も見据えている。日常生活の中で長距離の歩行に困難を感じている利用者をサポートして、行動範囲の拡大に貢献したいと考えているという。

トヨタはまた、座り乗りタイプや車いす連結タイプについても、市販化に向けて現在開発を進めているとしている。

トヨタが立ち乗り3輪BEV「C+walk T」を発売
車いす連結タイプ

C+walk T 概要

シンプルな操作系

ハンドル左右にあるアクセルレバーの操作だけで発進、加速、減速、停止までコントロールできる。アクセルレバーを押すと進み、離すと止まる簡単な操作。緊急時にはブレーキレバーを握って急停止することも。

トヨタが立ち乗り3輪BEV「C+walk T」を発売
操作系一覧

バッテリー残量や速度がひと目で判る状態表示パネルを装備。バッテリーは脱着式で、付属の専用充電器を使用すれば約2.5時間で充電が可能だ。フル充電した際の連続走行距離は約14kmを達成している。

トヨタが立ち乗り3輪BEV「C+walk T」を発売
バッテリー残量や速度を表示する状態常時パネル

走行性能

フロント1輪、リア2輪という車体構成で、モーターはフロントホイール内に配置された。最大ハンドル角は90度で、その場旋回(最小回転半径0.59m)を可能にしている。

トヨタが立ち乗り3輪BEV「C+walk T」を発売
その場旋回イメージ

サイズ&フォルム

人間ひとりのスペースに限りなく近い、全長700mm(歩幅程度)x全幅450mm(腰幅程度)のボディに、高さ150mmのステップを採用。周囲の人とのコミュニケーションが取りやすく、圧迫感が少ないフォルムを実現している。

ボディカラーはブラックを基調としつつ、ウォームグレイと組み合わせたツートーンカラーとされた。

安全・安心機能

ハンドル操作時、操舵角を検知して走行速度を抑制する「旋回速度抑制機能」を標準装備した。

トヨタが立ち乗り3輪BEV「C+walk T」を発売
カーブで速度を抑える「旋回速度抑制機能」標準装備

「C+walk T“Safety support”」モデルには「障害物検知機能」を設定。ボディ前面の周辺検知センサーが検知すると警告音とパネル表示で警告し約2km/hまで減速する。また、「C+walk T“Safety support”」モデルには、急な坂を下るときに速度を抑える「急斜面検知機能」も採用している。

メーカー希望小売価格は34万1,000円。「障害物検知機能」の搭載された「C+walk T“Safety support”」は35万4,200円。

トヨタが立ち乗り3輪BEV「C+walk T」を発売
開発が進められている座り乗りタイプ」