ダイソン 空気清浄機の付いたヘッドホン「Dyson Zone」を2023年に米国などで販売へ 都会の大気汚染と騒音に取り組む

ダイソン 空気清浄機&ノイズキャンセリング機能付きヘッドホン「Dyson Zone」

ダイソンが空気清浄機&ノイズキャンセリング機能付きヘッドホン「Dyson Zone」の仕様を発表しました。2023年1月には中国で、3月には米国、英国、香港、シンガポールで販売を開始する予定。日本での発売は未定としています。

都市生活者のために

「Dyson Zone」は、都市の騒音と大気汚染という2つの課題に取り組むため設計されたヘッドホン。ダイソンの気流、フィルター技術、モーター技術に関する専門知識と、室内外の空気質に関する理解から生まれた製品で、没入感があるリスニング体験と外出先での清浄な空気の提供を可能にします。

電源としてはリチウムイオンバッテリーを内蔵。バッテリーはUSB Type-Cケーブル経由で充電でき、3時間で100%までチャージできます。利用可能時間はオーディオ再生だけなら50時間。空気清浄機能とオーディオ再生を合わせて利用する場合には、4時間の利用が可能になっています。

仕様は次の通りとなります。

「Dyson Zone」仕様

外出先での空気汚染に対応する高効率なフィルター

空気清浄機能では、各イヤーカップ内のコンプレッサーが二重構造のフィルターを通して空気を吸い込み、浄化された2つの気流が非接触型シールドを通して着用者の鼻と口に流れる構造を採用しています。

ダイソン 空気清浄機の付いたヘッドホン「Dyson Zone」を2023年に米国などで販売へ 都会の大気汚染と騒音に取り組む

二重構造フィルターのうち静電フィルターは、ブレーキダスト、工業燃焼、建設工事などによる粒子など、0.1ミクロンの粒子状汚染物質を99%捕捉します。

もうひとつのK-カーボンフィルターは、NO2やSO2などの都市汚染の代表的な酸性ガスを浄化します。

なお、フィルターの寿命は使用環境により異なりますが、最長12か月となっています。

非接触型シールドを傾けると会話モードが起動。自動的に空気清浄機能と音楽再生を一時停止します。


長時間の連続再生

「Dyson Zone」は最大50時間、高度なノイズキャンセリング機能、音の歪みを極限まで抑えた、忠実なフルスペクトルのオーディオ再生を提供します。

ダイソン 空気清浄機の付いたヘッドホン「Dyson Zone」を2023年に米国などで販売へ 都会の大気汚染と騒音に取り組む

高度なアクティブ ノイズキャンセリング(ANC)

ANCシステムは、搭載されている11個のマイクのうち8個を使用しています。これらのマイクは1秒間に38万4,000回周囲の音をモニタリングし、最大38dBまで低減します。

忠実なフルスペクトルオーディオ

「Dyson Zone」ヘッドホンは、可聴域を超えた6Hzから21kHzの周波数までも再生します。

極限まで抑えた音の歪み

スピーカードライバー、電子装置、機械構造、素材そして音響は、歪みを最小限にするために慎重に設計されています。ドライバーの出力は、毎秒4万8,000回の高度な信号処理によって均等化され、ノイズキャンセリングと組み合わせて全周波数帯域にわたって高周波の歪みを聞き取れないレベルまで中和します。

より繊細な音を聞くための科学的なチューニング

独自のEQ設定により、周波数カーブを最適化し、全周波数帯域においてクリアでピュアな音声を実現します。


没入感のあるサウンドと、快適な付け心地

様々な頭のサイズや形状でテストを行い、すべての人に同じ没入感のあるサウンドを実現させました。

ダイソン 空気清浄機の付いたヘッドホン「Dyson Zone」を2023年に米国などで販売へ 都会の大気汚染と騒音に取り組む

通話機能

2つのマイクによるビームフォーミング技術とノイズ抑制技術により、クリアな音声通話、音声録音、音声コントロールが可能となっています。