GGV Capitalが米中分割後、新たなブランド名を発表

24年の歴史を持ち、米中間の架け橋として機能してきたGGV CapitalのベテランVCたちは、米国とアジアのオペレーションを分割すると昨年秋に発表して以来、約半年後に2つの新ブランド名を決定しました。

新ブランド「Granite Asia」と「Notable Capital」の誕生

シンガポールを拠点とするジェニー・リーとジクスン・フーは、新たな下部組織「Granite Asia」としてリブランディングされました。一方、ベイエリアに住む共同創業者ハンス・トゥンは、米国チームが「Notable Capital」として活動することをX(旧Twitter)で発表しました。

米中間の緊張関係を背景に

GGV Capitalのチーム分割は、米中間の緊張が高まる中で行われましたが、この動きの直接的な理由として環境が明示されることはありませんでした。類似の事例として、Sequoia Capitalも昨年、地政学的な緊張を航海しながらオペレーションを分割しました。

Granite Asiaの将来像

Granite Asiaは、リーとフー、シンガポール出身のベテラン投資家によって率いられます。リーは過去5年間に9つのIPOを含む、Forbesのミダスリストに常連しています。Granite Asiaは、中国、日本、南アジア、オーストラリア、東南アジアのスタートアップに焦点を当てます。


Notable Capitalの展望

Notable Capitalは、米国だけでなく欧州やラテンアメリカにも投資する計画です。チームはメンローパークのオフィスに長年基づいていた同じ投資家によって率いられます。これには、Airbnb、StockX、Slackなどの知名ブランドの取引に関与したトゥンも含まれます。

管理下資産の分割

約二年半前にGGV Capitalが新しいファンドのために25億ドルを調達したことを発表して以来、投資家たちは管理下資産を分割し、その結果Granite Asiaは現在、合わせて50億ドルを管理している一方で、Notable Capitalは約42億ドルを管理しています。