EVスーパーカーG4

スーパーカーを志向した日本発の電気自動車(EV)「GLM G4」。2019年の量産を目指しており、販売価格は4000万円を見込んでいる。

京都大学発のベンチャーで、スポーツEV「トミーカイラZZ」などを手掛けたGLMの新モデル。G4は専用開発の高効率・高出力なモーターを前後に2機搭載した、4輪駆動のクルマで最高出力400kw(540馬力)、最大トルク1,000Nmを発揮する。

EVスーパーカーG4

路面の状態に応じて、2機のモーターがそれぞれタイヤの回転力を調整する制御技術も搭載し、走行時の動力を最大化させられるという。

発進から時速100kmまでの到達時間(0-100km/h加速)は3.7秒、最高速度は250km/h、航続距離は欧州の標準試験モードであるNEDCで400kmを実現したとか。

外観はクーペスタイルながら、4ドアかつ4シーターを実現。スーパーカーらしいルーフラインを保ちつつ、4人がくつろげる空間を確保したとする。

EVスーパーカーG4

また前後ドア4枚が高く跳ね上がる「Abeam Sail door(アビームセイルドア)」を採用。車両コンセプトは「RoadYacht(路上を走るヨット)」で、現代のラグジュアリーカーの新境地を拓く、新時代のグランドツアリングカー(GTカー)として開発している。

EVスーパーカーG4

EVスーパーカーG4

EVスーパーカーG4

年内には試作車の走行試験を行う予定。さらに今後、各国のモーターショーに出展し、欧州や中東のモータースポーツイベント、エキゾチックカーイベントにも姿を見せる考え。

日本をはじめ欧州、香港、中東、中国に展開し、1000台を販売して、400億円程度の収益を目指す。